AKB48総選挙!歴代センター(1位)&選抜メンバー投票数まとめ!

毎年注目を集めている国民的アイドルグループAKB48の総選挙。

現在では日本を代表するアイドルグループとしてテレビで見ない日はないといっても過言ではないくらい活躍していますよね。

日本中のほとんどの人が知っているアイドルグループではないのでしょうか。

毎年6月頃に開催され、テレビでも生中継されるほど、注目が集まっています。

選挙後にはスポーツ紙だけでなく一般紙にまで取り上げられるなど、1年のイベントとしても話題となっていますよね。

今年も誰が1位となりセンターを獲得するのは早くもファンの間では注目が集まっているようです。

そこで今回は、総選挙が始まる前にこれまでのAKB48の歴代センター(1位)を獲得した人と投票数についてまとめてみました!

スポンサードリンク

AKB48の総選挙とは?

今や定番のイベントとなったAKB48の総選挙ですが、そもそもどのようなものなのでしょうか。

簡単にご紹介したいと思います。

AKB48の総選挙というのは「AKB48シングル選抜総選挙」のことで、シングルの選抜メンバーをファン投票の選挙により決めるというものです。

誰でも投票できるわけではなく、投票権が入ったCDを購入し投票します。

小学校の運動会でも順位をつけないこの時代にアイドルの女の子たちが順位をつけられていく。

最初はこのイベントに驚いた人も多いのではないでしょうか。

選挙は2009年から始まり、早いもので今年で8回目を迎えます。

自分の推しメン(推しているメンバー)の順位も気になるところですが、彼女たちのスピーチにも注目が集まっています。

さっそく、これまでの歴代センターを見ていきましょう。

 第1回AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」

2009年に行なわれたAKB48の初めての総選挙。

この時代は今ほど知名度はなく、知らないという人がほとんどだったのではないでしょうか。

開催場所は赤坂BLITZでした。

この時の選挙でセンター(1位)を獲得したのは、「前田敦子さん」でした。(4630票

2位からの選抜メンバー入りの順位は以下となります。

2位:大島優子(3345票)

3位:篠田麻里子(2852票)

4位:渡辺麻友(2625票)

5位:高橋みなみ(2614票)

6位:小嶋陽菜(2543票)

7位:板野友美(2281票)

8位:佐藤亜美菜(2117票)

9位:柏木由紀(1920票)

10位:河西智美(1890票)

11位:小野恵令奈(1838票)

12位:秋元才加(1599票)

第1回ということもあり、1位の前田さんですら4000台!

いや、4000でも凄いですね。上位は後にAKBを牽引していくおなじみのメンバーですね。

この時に選ばれた21位までのメンバーがシングル曲「言い訳maybe」の選抜メンバーとして出演しました。

動画はこちらのリンクからどうぞ

言い訳Maybe / AKB48 [公式]

(※Youtube動画に飛びます)

スポンサードリンク

第2回AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」

第2回目は2010年6月に当時のJCBホールにて行なわれました。

この選挙ではAKB48の代表曲ともなった「ヘビーローテーション」の選抜メンバーを決めるというものの。

この時代になるとAKB48も知名度を上げ、選挙の行方がかなり騒がれていましたね!

なんといっても不動のセンターと言われた前田敦子さんを追っかける大島優子さんとの戦いが見ものとなりました。

結果、センターを勝ち取ったのは「大島優子さん」(31448票

中間投票では2位でしたが、見事1位を獲得。開票の様子は映画館でも生中継され、この瞬間驚きを隠せない人も多かったことでしょう。

2位以下の順位はこちら

2位:前田敦子(30851票)

3位:篠田麻里子(23139票)

4位:板野友美(20513票)

5位:渡辺麻友(20088票)

6位:高橋みなみ(17787票)

7位:小嶋陽菜(16231票)

8位:柏木由紀(15466票)

9位:宮澤佐江(12560票)

10位:河西智美(12168票)

11位:松井珠理奈(12082票)

12位:河西智美(11080票)

この総選挙の翌日は各メディアでも大きく取り上げられました。

それにしてもこの投票数が凄い!

2年前に行なわれた第1回目は1位でも4000台だったのに、なんと3万台に!桁が1つ違いますね。

AKBの知名度がグングン上がっていることがわかりますね。

また以前は入っていなかったメンバーも上位に食い込んでいるところも見ものでしたね。

大島優子さん初のセンターとなった「ヘビーローテーション」はどの世代でも楽しめる名曲となりましたね。

動画はこちらのリンクからどうぞ

ヘビーローテーション / AKB48 [公式]

(※Youtube動画に飛びます)

第3回AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」

2011年に日本武道館で行なわれた第3回目となる総選挙。

かなり大規模となってきたこの選挙。2011年では「フライングゲット」の選抜メンバーを決める選挙でした。

去年2位になった前田敦子さんの1位奪還なるか!?とかなり注目されていましたね!

前田さんも相当なプレッシャーを抱えていたようで、発表前にはかなりの緊張で呼吸が苦しそうでしたね…。

あんな細い体でこれほどまでのプレッシャーを抱えなければいけないだなんて、アイドルも大変だなと感じた人も多いのではないでしょうか。

さて、開票結果は見事「前田敦子さん」(139892票)がセンターに返り咲き!

思わず声を上げて泣いていました。

スピーチでは、嗚咽しながら「ずっと孤独と戦っていた。」「私のことを嫌いでもAKB48のことは嫌いにならないで下さい」と話し、名言として語り継がれています。

あの前田さんの姿を見て涙した人も多いのではないでしょうか。感動的なラストでしたよね!

ちなみに2位以下はこちらとなっています。

2位:大島優子(122843票)

3位:柏木由紀(74252票)

4位:篠田麻里子(60539票)

5位:渡辺麻友(59118票)

6位:小嶋陽菜(52920票)

7位:高橋みなみ(52790票)

8位:板野友美(50403票)

9位:指原莉乃(45227票)

10位:松井玲奈(36929票)

11位:宮澤佐江(33500票)

12位:高城亜樹(31009票)

第3回では柏木由紀さんが3位と大躍進!

握手会やファン対応の良さがこの結果をもたらしたとも言われていましたね。

さらにのちに王者となる指原さんも初の選抜入り。神7と言われたおなじみのメンバーも順位が変わりつつある年でした。

「フライングゲット」の動画はこちらのリンクからどうぞ

フライングゲット (ダンシングバージョン) / AKB48 [公式]

(※Youtube動画に飛びます)

スポンサードリンク

 第4回AKB48 27thシングル選抜総選挙「ファンが選ぶ64議席」

2012年に行なわれた第4回総選挙。昨年と同じく日本武道館にて開票イベントが行なわれました。

AKB48の27枚目のシングルとなる「ギンガムチェック」の選抜メンバーを決める選挙。

昨年王者を奪還した前田敦子さんは選挙は辞退することになりました。

強力な前田さんが辞退したため新たな風が吹くかも!?とも予想されていましたね。

もしかしたら大島さんを抜いて、昨年3位に大躍進した柏木さんが1位になるかも!?とも言われていました。

しかし、結果は「大島優子さん」(108837票)が1位となりセンターを獲得しました。

2位以下の順位はこちらです。

2位:渡辺麻友(72574票)

3位:柏木由紀(71076票)

4位:指原莉乃(67339票)

5位:篠田麻里子(67017票)

6位:高橋みなみ(65480票)

7位:小嶋陽菜(54483票)

8位:板野友美(50483票)

9位:松井珠理奈(45747票)

10位:松井玲奈(42030票)

11位:宮澤佐江(40261票)

12位:河西智美(27005票)

渡辺麻友さんが2位で、指原さんが4位というグンと順位が上がりましたね。

それにしても世の中にはこんなに可愛い女性が沢山いるんだな~と改めて感じさせてくれますよね。

「ギンガムチェック」の動画はこちらのリンクからどうぞ

ギンガムチェック / AKB48[公式]

(※Youtube動画に飛びます)

第5回AKB48 32ndシングル選抜総選挙「夢は1人じゃ見られない」

2013年日産スタジアムで行なわれた、32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」の選抜を決める総選挙。

この選挙から初めて立候補制を導入。

そしてこの選挙では驚くべき結果が待ち受けていました!

なんと1位となりセンターを勝ち取ったのは「指原莉乃さん」(150570票

ものすごい投票数ですね。中間速報でも1位を獲得しておりそのまま逃げ切りました。

元々知名度が上がっていた指原さんですが、さらに指原さんの名を全国に轟かせたといっても過言ではないでしょう。

2位以下はこちらです。

2位:大島優子(136503票)

3位:渡辺麻友(101210票)

4位:柏木由紀(96905票)

5位:篠田麻里子(92599票)

6位:松井珠理奈(77170票)

7位:松井玲奈(73173票)

8位:高橋みなみ(68681票)

9位:小嶋陽菜(67424票)

10位:宮澤佐江(65867票)

11位:板野友美(63547票)

12位:島崎遥香(57275票)

大島優子さんがまさかの2位!しかし指原さんの1位を受け入れる女王の貫禄もどこか見えましたよね。

指原さんセンターのシングル「恋するフォーチュンクッキー」は全国でも指原さんのキャラのようにどんな世代にも親しみのある曲で大ブレイクしました。

「恋するフォーチュンクッキー」の動画はこちらのリンクからどうぞ

恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]

(※Youtube動画に飛びます)

スポンサードリンク

第6回AKB48 37thシングル選抜総選挙「夢の現在地~ライバルはどこだ?」

2014年の第6回目選抜総選挙は味の素スタジアムで開票イベントが行なわれました。

今年も立候補制を導入し、前回2位となった大島さんは辞退し後輩に活躍の舞台を譲ることに。

渡辺さんが悲願の1位を獲れるか、またもや指原さんがセンターの座を勝ち取るのか、柏木由紀さんが1位に大躍進か!?と注目されました。

結果は「渡辺麻友さん」(159854票)がセンターに!悲願のセンターを勝ち取りました。

2位以下の順位はこちらです。

2位:指原莉乃(141954票)

3位:柏木由紀(104364票)

4位:松井珠理奈(90910票)

5位:松井玲奈(69790票)

6位:山本彩(67916票)

7位:島崎遥香(67591票)

8位:小嶋陽菜(62899票)

9位:高橋みなみ(57388票)

10位:須田亜香里(48182票)

11位:宮脇咲良(45538票)

12位:宮澤佐江(44749票)

まゆゆ初のセンターを務めた曲は「心のプラカード」でした。

まゆゆの魅力をふんだんに織り込んだMVですね。

動画はこちらのリンクからどうぞ

心のプラカード / AKB48[公式]

(※Youtube動画に飛びます)

第7回AKB48 41stシングル選抜総選挙「順位予想不可能、大荒れの一夜」

さて早くも第7回目を迎えたAKB48総選挙。

7回目は福岡!ヤフオクドームで行なわれました。

今回も立候補制を導入し、なんと卒業生でも参加資格があるというものでした。

ここであっちゃんこと前田敦子さんらが参入してくれると面白いかな~と思っていましたが、もちろん参加せず(苦笑)

この選挙では、昨年センターの座を逃した指原さんがセンター奪還なるか!?に注目が集まっていました。

また福岡で開催されるということもあり、HKTに所属する指原さんは有利になるだろうとも言われていましたね。

そして結果は…「指原莉乃さん」(194049票)がセンターの座に返り咲き!

それにしてもこの票数がすごい!!!どこかの小国よりの人口よりも多いですよね。

これだけの人に支持されているっていうのもプレッシャーですが、何よりも指原さんのこれまでの努力で勝ち取ってきた票数ですからね。

2位以下はこちらの結果となりました!

2位:柏木由紀(167183票)

3位:渡辺麻友(165789票)

4位:高橋みなみ(137252票)

5位:松井珠理奈(105289票)

6位:山本彩(97866票)

7位:宮脇咲良(81422票)

8位:宮澤佐江(75495票)

9位:島崎遥香(73803票)

10位:横山由依(63414票)

11位:北原里英(61566票)

12位:渡辺美優紀(55715票)

結果もそうですが、何よりも票数が凄いですね。第1回目は1位でも4000台でしたからね。

今後はAKBグループいったいどうなっていくのでしょうか。

ちなみにこの時のシングル曲は「ハロウィン・ナイト」でした。

動画はこちらのリンクからどうぞ

ハロウィン・ナイト / AKB48[公式]

(※Youtube動画に飛びます)

スポンサードリンク

第7回AKB48 45thシングル選抜総選挙「僕たちは誰について行けばいい?」

2016年の総選挙は新潟県で行われました!

新潟の宿泊施設が早くも満室になり宿が取りずらい状況になっていると、総選挙前に話題になっていましたね。

人気の絶頂は過ぎたと言われていますが、まだまだそんなことはなさそうです。

さて、第7回目の総選挙でもやっぱり注目すべき戦いは誰がセンターになるかという点でした。

昨年1位でセンターに返り咲きした指原さんが前田敦子さんや大島優子さんが成し遂げられなかった2連覇となるのか、それともまゆゆがセンター返り咲きとなるのか、勝負の行方が注目されました。

そして開票の結果は…「指原莉乃さん」(243011)がAKB48総選挙史上初の2連覇の快挙!

ついに投票総数も20万票を大きく超えました!

いやーさっしーはやっぱり強い!

指原さんは日本人ファンだけでなく中国人のファンも多いようですね。

今回の連覇は中国人富裕層の票数の影響もあると言われているそうです。

2位以下の結果についてはこちらです。

2位:渡辺麻友(175613票)

3位:松井珠理奈(112341票)

4位:山本彩(110411票)

5位:柏木由紀(92110票)

6位:宮脇咲良(78279票)

7位:須田亜香里(69159票)

8位:島崎遥香(68126票)

9位:兒玉遥(60591票)

10位:武藤十夢(58624票)

11位:横山由依(58610票)

12位:北里里英(50190票)

13位:向井地美音(47094票)

14位:岡田奈々(43318票)

15位:高橋朱里(40648票)

16位:にゃんにゃん仮面(40071票)

なんだかんだ言ってもやっぱり今年も随分と盛り上がりました!

当初と比べてみるとメンバーも投票数も大きく変わったことがわかりますね。

この時のシングル曲は「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」でした。

動画はこちらのリンクからどうぞ

LOVE TRIP / AKB48[公式]

(※Youtube動画に飛びます)

おわりに

今回はAKB48総選挙!歴代センター(1位)&選抜メンバー投票数についてまとめてみました。

AKBの時代の移り変わりが選挙結果を見るだけでもわかりますね。

さて次回のAKB48の総選挙。

一体どうなるのか楽しみですね。


スポンサードリンク