アンコールワット(カンボジア)のゴールデンウィークGWの服装は?

世界最大級の口コミサイトにて、日本人が行ってよかった観光地ランキング(海外)に3年連続選ばれたカンボジア・アンコールワット。

毎年行ってみたい!行ってよかったランキング上位に入っていますよね。

今年のゴールデンウィークに遂に行くという人も多いのではないでしょうか。

しかし、亜熱帯の国カンボジア。日本とは季節も気温も全然違います。

せっかくの旅行ですので、十分に準備をしてから行きたいですよね。

そこで今回はカンボジア在住者に聞いた、アンコールワットのゴールデンウィーク(GW)時の服装についてご紹介します。

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク(GW)時のカンボジアは1年で最も暑い時期!?

ゴールデンウィークといえば4月の後半から5月の頭にかけての大型連休。

日本だと4月後半から5月前半は比較的過ごしやすい季節であり、東京の気温は平均20°C前後。

しかし、カンボジアの4月後半から5月前半の平均気温は日中は35°C~40°Cとかなり暑いです。

またカンボジアは日本のような四季がなく、主に乾季と雨季に分けられます。

4月、5月は乾季にあたるため雨の量が少なく、さらに4月・5月は1年で最も暑い時期だそうです。

現地のカンボジア人もこの時期は暑いと言っているくらいなので、顔から湯気が出るほど暑くなります。

熱中症なんかになる可能性も高いため、観光を楽しむためにも万全な対策をしていくことをおすすめします。

 アンコールワット(カンボジア)のゴールデンウィークGWの服装は?

ただでさえ常夏なカンボジア。

それに加えて4月、5月は1年でも最も熱いと言われている時期なので、万全の対策が必要です。

さっそくどんな服装がよいのか見て行きましょう。

トップス

暑いので、ノースリーブやキャミソールなど、薄手のものがいいかな~と思っているあなた!

日焼けでお肌が真っ赤になり、軽く焼けど状態になってしまうので、ノースリーブやキャミソールなどはあまりおすすめではありません。

ノースリーブやキャミソールなどでもいいですが、薄手の長袖で通気性のよいパーカーなどを1枚羽織ることをおすすめします。

<おすすめパーカー>

UVカットをチョイスすれば日焼けも怖くないですね。

薄手の色がキュート!普段使いにもできますね。

男性もしっかり日焼け対策しましょう!

長袖だと一見熱そうに思いますが、太陽の光を直接肌に当たるよりも1枚間に挟んだ方が暑さを和らげてくれる効果があります。

日焼け対策にもなりますし、長袖は必ず1枚持って行きましょう。

また朝や夜は冷えることもあるので、防寒対策にもなりますよ。

スポンサードリンク

ボトム

遺跡は結構歩くので、スカートよりもパンツスタイルがおすすめです。

しかしデニムの生地のものは熱いですし、埃を吸収してしまうのであまりおすすめしません。

動きやすいチノパンや軽い素材の布製のボトムがおすすめです。

また短パンは、蚊に刺されたり、転んで怪我をしてしまったりするので、なるべく控えた方がよいでしょう。

もしない場合は、市場で$3~$5で布製の軽いパンツがどこでも売っていますので現地で調達してもいいもしれませんね。

こんなアリババズボンが沢山売っており、わりとどこでも買うことができますよ!

種類も豊富でかわいいものが結構あります。

涼しいのでおすすめです。

おみやげにもいいですね。

シューズ

遺跡は石でできており、意外と足場が悪いです。

急な階段も多く、入り口から遺跡まで結構距離があり、かなり歩きます。

そのため、歩きやすい靴がおすすめです。

ビーサンやヒールのあるサンダルなどは、滑ったり転んで怪我をしてしまう可能性が高いので、控えた方がよいでしょう。

また道路が舗装されていなかったり、かなりほこりっぽかったりするので、汚れてもいい靴で普段歩きなれているものにしましょう。

 小物類

その他にあった方がよいものとして、帽子、サングラス、タオルは持って行った方がよいです。

遺跡はあまり影がなく直射日光が当たり、熱中症になってしまう可能性もあるので、帽子はあった方がよいでしょう。

また目から紫外線が入り、焼けてしまうのでサングラスも持っていくことをおすすめします。

日に当たり熱くなり、汗もかくのでタオルも忘れずにもっていきましょう。

タオルなんかは現地で調達してもいいかもしれませんね。

またカンボジアでは「クロマー」と呼ばれる布が有名です。

ストールにしたり、頭に巻いたり、カーディガンのように羽織って使ったり…と万能布としてカンボジアでは多く使われています。

市場にも$1~$3でかわいいチェック柄のものも売られています。

1枚あると重宝すること間違いなしですよ。

沢山買ってお土産にしてもOK!

おわりに

今回はアンコールワット(カンボジア)のゴールデンウィークGWの服装についてご紹介しました。

せっかくの旅行ですからね、楽しい旅になるように万全の準備をして行きましょう♪

ぜひ楽しんできてくださいね。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

ゴールデンウィーク・アンコールワットとこれだけは行きたい遺跡


スポンサードリンク