僕のヤバイ妻はゴーンガールに似ている?あらすじ(ネタバレ)について

4月19日より始まったフジテレビの新ドラマ「僕のヤバイ妻」

伊藤英明さんと木村佳乃さんが初夫婦役を演じるとのことで話題にもなりました。

伊藤さん演じる望月幸平は念願のカフェをオープンし、木村さん演じる妻の真理亜は資産家の娘で才色兼備という、誰もがうらやむような生活をしているかと思われる夫婦。

しかし、幸平は真理亜との夫婦生活に息苦しさを感じており、実は相武紗希さん演じる北里杏南という愛人がいて、さらには杏南と妻・真理亜の殺人を企てるというサスペンスドラマ。

しかし実際に殺害計画を実行しようとしていたところ、妻・真理亜は何者かに誘拐されてしまいます。

更には妻に隠されたもっとヤバイ事実が明らかになっていくというスリリングなドラマ展開となっています。

そのスリリングな展開や豪華キャストが話題になっていますが、どうやら映画「ゴーンガール」と内容がそっくり!とも話題になっている模様です。

そこで今回は果たして「僕のヤバイ麦」と「ゴーンガール」は似ているのかあらすじについて調べてみました!

スポンサードリンク

僕のヤバイ妻と映画ゴーンガールが似ている?ゴーンガールのあらすじは?

さて映画「ゴーンガール」についてご存じない方もいらっしゃるかと思うので、ゴーンガールについて調べてみました。

ゴーンガールとは2012年にアメリカにてギリアン・フリンによる小説を元に製作された映画です。

アメリカ・ミズーリ州に住むニックとエイミー夫妻は結婚して5年。

誰もが羨むような理想の夫婦でした。

しかし、5年目の結婚記念日にエイミーは突如姿を消してしまう。

室内には争った形跡があり、誘拐と他殺との両方の面で捜査が進みます。

美しい妻が突如姿を消したということからも全米で注目されるが、捜査が進むにつれ不可解な事実が判明していきます。

エイミーがつけていた日記には、妊娠していたことやニックに若い愛人がいたことなどが記されており、次第に「犯人=ニック」という図式が出来上がり、ニックが追い詰められていく…という展開です。

僕のヤバイ妻と映画ゴーンガールの共通点は?

さて、ここで「僕のヤバイ妻」と「ゴーンガール」の共通点を挙げてみたいと思います。

  1. 一見誰もが羨む理想的な夫婦
  2. 妻が突如失踪する
  3. 夫に愛人がいた(不倫していた)
  4. 旦那が犯人だ思われ追い詰められる

少しあげただけでも、かなり似ていますね。

「僕のヤバイ妻」は「謎解きはディナーのあとで」や「ストロベリーナイト」などを手がけた脚本家・黒岩勉さんの完全オリジナル作品となっています。

スポンサードリンク

ゴーンガールから想像する僕のヤバイ妻に隠されたヤバイ事実は!?結末は?

さて、ゴーンガールと僕のヤバイ妻。

結構展開が似ていますが、先ほどご紹介したゴーンガールには妻の隠されたヤバイ事実が判明していきます。

ここからは、結末に向けてのネタバレとなるかもしれませんので結末を知りたくない方はご注意ください!

ニックが犯人と疑われてしまったところで、妻エイミーの目線に変わります。

実はニックが悪い夫であるという風に仕立て上げたのは、妻エイミーの策略だったのです。

エイミーはニックが不倫していることを知り、復習することを決意します。

自分が夫に殺されたかのように見せるために偽装工作をし、変装し身を隠します。

そして、ニックはエイミーにかけられた罠にどんどんはまっていき、ついには殺人犯として追い詰められます。

その様子を実はエイミーはテレビなどで、別のところで見て楽しんでいるのです。

しかし、そんな時エイミーは悪い男に騙され全財産を奪われてしまいます。

全財産を奪われてしまったエイミーは金持ちの元彼と復縁するものの、次第にその元彼がわずらわしくなり、強姦されたという状況に見せかけ殺害します。

夫を殺人犯にするつもりが自分自身が殺人犯になってしまったエイミー。

そんなエイミーは驚くべきことに、元彼を殺害した血まみれの状態で夫の元に戻ります。

元彼に誘拐され、暴行を受けながらも自ら奇跡の生還を果たしたヒロインと偽り世間から注目されます。

しかし、エイミーの策略に気づき、怒りが収まらないニックはマスコミに妻の事実を全部話すと決意します。

ところがエイミーから妊娠していることが告げられます。

それでもエイミーが信じられないニックは「君のことは愛していたけど憎しみ合い傷つけあうだけだろ?」と言います。

しかし「それが結婚よ」と静かに言い放つエイミー。

その言葉を聞き、ニックは全身の力が抜け、言い返す気力も失い、エイミーの思うがままにマスコミにインタビューを受けることとなります。

「子どもができたの」とカメラの前で喜び微笑むエイミーに対し、死んだ魚のような目で力が抜けたニックという対照的な二人の様子をラストにこの映画は終わります。

かなり壮絶な夫婦のパワーゲームといったところでしょうか…。

ゴーンガールはこのような展開でしたが、僕のヤバイ妻は同じ展開になるでしょうか!?

そのあたりも注目ですね。

おわりに

今回はドラマ「僕のヤバイ妻」と映画「ゴーンガール」が似ている?ということで、調べてみました。

確かに大まかな流れはかなり似ていますね。

いずれにしても今後の展開が楽しみです。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

僕のヤバイ妻ロケ地!望月自宅・カフェ・横路興信所・杏南(相武)自宅


スポンサードリンク