職場の新入社員歓迎会の服装(女性編)やマナーについてまとめ

4月から新社会人になり、職場で歓迎会が開かれるシーズン!

新たな環境で初めての社会人ということで、ドキドキとわくわくの両方の気持ちでいっぱいだと思います。

でも職場の歓迎会ってどんな服装で行けばいいのか悩みますよね。

最初の印象は大事なので、歓迎会に相応しい服装で参加したいもの。

そこで今回は、職場の歓迎会の服装(女性編)やマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク

新入社員歓迎会の服装は?

さっそく新入社員歓迎会にどんな服装で行けばいいのかご紹介したいと思います。

トップス

歓迎会といえば食事や飲み会になりますが、できればジェケットは着用して行った方がよいでしょう。

盛り上がってきて、打ち解けてきたらジャケットを脱いで過ごしてもいいかと思いますが、最初の印象はフォーマルの方が無難です。

色は黒やグレー、ネイビーなんかもおしゃれですね。

リクルートスーツだと学生っぽさが抜けないので、社会人らしいスーツを購入することをおすすめします。

またカーディガンも服装の指定がない、わりとカジュアルな業界であればOKでしょう。

インナー

トップスのインナーはシンプルなカットソーやブラウスがおすすめです。

白のシャツはかっちりしすぎているため、制服でもなければ首元がVネックやUネックなどのシンプルなカットーソーが無難です。

派手な色は最初は避けておいた方がいいかもしれませんね。

お酒が入ると熱くなって上着を脱ぐ可能性が高いので、ノースリーブやキャミソールなどは避けましょう。

また首元が開きすぎているトップスもなんだか下品に見えてしまう場合があるので、行く前に一度鏡の前で問題ないか確認してから行きましょう。

ボトム

お酒をついで回ったり、会社によってはゲームをしたり、挨拶をしたりと意外とアクティブに動き回る場合もあります。

そのため、なるべく動きやすい格好を心がけましょう。

ボトムはスカートよりもパンツスタイルがいいかもしれません。

パンツスタイルといっても、学生の飲み会とは違いますのでデニムは避けた方がいいでしょう。

特徴のある形や柄のパンツよりも、黒やネイビー、ベージュなどのごくごくシンプルなパンツがおすすめです。

また座った時に下着が見えないか選ぶ際に家で確認しましょう。

スカートでもよいですが、ストッキングが伝線してしまったり座敷だと下着が見えないように座ったり立ったり過ごしにくいかもしれません。

パンツスタイルだと気にせず余計な心配もなく過ごすことができると思いますよ。

シューズ

スニーカーやサンダル、ブーツなどは控えましょう。

ヒールもそこそこ5cm程度のシンプルなパンプスがベストです。

もしかしたらお座敷で靴を脱ぐ可能性もあるので、脱ぎやすいシューズがおすすめです。

社会人は意外と靴を見られたりしていますので、行く前にしっかり磨いていき、ヒールやかかとの潰れたシューズは避けましょう。

スポンサードリンク

 新入社員歓迎会のマナーは?

さて服装についてわかったところで、お次は歓迎会のマナーについてご紹介します。

■なるべく出席し、遅刻は厳禁!

飲み会だから参加は自由だよね。とは言っても新入社員のために開いている歓迎会。

よっぽどのことがない限りは参加しましょう。

これから一緒に仕事をしていく上司や同僚とコミュニケーションを深める大事な会ということを忘れずに。

また当日行けなくなったり、遅刻してしまう場合は必ず幹事の人の連絡しましょう。

遅刻しないのは当たり前ですが、早く着いてしまった場合は先にお店に入るのではなく、店の前で待つようにしましょう。

■新入社員は下座に座りましょう

下座とは入り口から近いところです。逆に上座とは入り口から1番遠い位置です。

新入社員は下座に座るのがマナーです。

入り口に1番近いと注文がしやすいですし、積極的に上司の注文を聞いてオーダーしましょう。

■乾杯後は一口飲みましょう

最初の乾杯はビール!というのがなぜか日本社会では一般的。

お酒が飲めなくてもとりあえず最初はビール!という風習に付き合いましょう。

また乾杯後に飲めないからといって、そのままテーブルにグラスを置くのではなく、ちょこっとでもいいので一口飲んでから(もしくは飲んだフリ)をしたからテーブルに置くようにしましょう。

■目上の人にお酌をしましょう

新入社員の歓迎会なので主役は新入社員なのですが、上司にお酌をして回りましょう。

お酌の順番は目上の人からです。相手の近くに行き、正座してお酌するようにしましょう。

その場合のお酒は自分の席から持っていくのではなく、上司の席の近くにあるものでお酌してOKです。

積極的にお酌すれば、「あの子気が利くな」と喜んでもらえ、グッとよい印象がつきますよ。

またお酌は片手ではなく、必ず両手を添えてするようにしましょうね。

■お酒や料理がなくならないように気を配りましょう。

歓迎会中も上司のお酒がなくなったら、すかさず「何か飲まれますか」「ビール注ぎましょうか」など声をかけ気を配るようにしましょう。

また料理を取り分けたり、料理がなくなってきたら幹事の人に注文するか確認したりなど、積極的に気を配るようにしましょう。

■退出は1番最後に確認を忘れずに

無事に歓迎会が終わり、お開き。

でも気を抜いてはいけません。新入社員は1番最後に退出し忘れ物がないか確認してから店を出ましょう。

また店を出てからも上司にお礼の言葉をかけ、上司が帰るのを見届けてからお店を去るようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか。

歓迎会はある意味仕事でもありますから、適度に楽しみつつこれから一緒に働く上司を敬いつつ、マナーを忘れないように心がけることが大事です。

なにやらマナーが色々とあり緊張しますが、自分が気を配ってもらえたらうれしいですよね。

上司もきっと同じ気持ちです。

歓迎会は、一気に上司と仲良くなれるチャンスでもありますので、服装やマナーに気をつけよいスタートを切りましょう。


スポンサードリンク