スギ花粉皮膚炎ってどんな症状?対策や治療法・市販薬について

今年もあの憎きやつらが早くも飛んでいる模様です。

何かと言いますと…そうスギ花粉!!

環境省の発表によると、2月から飛び始めているようで、花粉症の方はすでに何かしら症状が表れていることかと思います。

さて、花粉症の症状といえば鼻水や目のかゆみ、くしゃみが止まらず、咳が出て喉が痛い…など人によって様々な症状がありますが、スギ花粉のアレルギー症状の1つとして「スギ花粉皮膚炎」ってご存知ですか。

この時期、まぶたの上が赤くなったり、かゆくなったり、かさかさする…といった症状がある方、実は「スギ花粉皮膚炎」かもしれません。

そこで今回はスギ花粉皮膚炎の症状についてや、対策や治療法・市販薬などについて調べてみました。

スポンサードリンク

スギ花粉皮膚炎ってどんな症状?

スギ花粉皮膚炎とは、スギの花粉がお肌に直接触れることによって生じる皮膚炎です。

暖かくなって花粉が飛び始めた時期から、目の周りや顔、あごから首などに赤いじんましんのようなものがぽつぽつと表れ、ヒリヒリしたりかゆみを伴ったりします。

また花粉アレルギーにより、目を掻いてしまったり、一日中鼻をかんでしまったりといったことからも肌が摩擦をうけ、赤く腫れてしまうといったこともあるようです。

乾燥肌や敏感肌の人など外からの刺激を敏感に受けやすい人は、スギ花粉に敏感なので注意が必要です。

スギ花粉皮膚炎の対策は?

次にスギ花粉皮膚炎の対策についてご紹介します。

対策としてはまずは肌に花粉を付着させないことが大事です。外出する時は、首元にスカーフを巻いたり、顔にマスクをしたり、帽子を被ったりと、できるだけ肌の露出を控えるようにしましょう。

洋服やスカーフなどの生地も、スギ花粉が付着しやすいものよりも、さらりとしている生地のものの方が、後で落ちやすくなります。外から帰宅したら、家に入る前に玄関外で叩いて花粉を落とすのを忘れないようにしましょう。

また皮膚炎が出てしまっている人は、お肌に優しい無添加石鹸を使い、泡立てて、できるだけスポンジやタオルなどでごしごしこすることはやめ、やさしく泡で包むようなイメージで洗いましょう。

洗顔後のスキンケア用品も化粧水をつけるとひりひりしてしまうかもしれません。その場合は乳液を先につけるなど、お肌を潤わせてからスキンケアするのもおすすめです。

お肌に優しい低刺激のものを選ぶようにしましょう。

また免疫力が落ちているので、規則正しい生活を心がけ、バランスのよい食事を取ることも大事です。

スポンサードリンク

スギ花粉皮膚炎の治療法は?

スギ花粉皮膚炎の治療法は、抗アレルギー剤の服用・保湿剤・ステロイド剤などで治療を行ないます。

もちろん自分自身で判断せずに、きちんとお医者さんに見てもらった上で正しい薬をもらい、正しく治療しましょう。

スギ花粉皮膚炎の症状は軽い場合が多く、ひどい湿疹になるようなことは滅多にないと言われています。治療も抗アレルギー剤の服用やステロイド剤などで比較的すみやかに治る傾向にあります。

しかし、治ったからといって油断していては、また症状を繰り返してしまう可能性もあります。

そのため花粉が飛んでいる時期は、できるだけ花粉に触れないよう日々予防し、いつも以上にお肌や体をいたわるように心がけましょう。

スギ花粉皮膚炎の市販薬は?

もしかしてスギ花粉皮膚炎かなという症状が表れたらすぐに病院に行くことをおすすめしますが、どうしてもすぐに行けないという方もいらっしゃいますよね。

そんな時に、応急処置として頼れるのが市販薬。

スギ花粉皮膚炎にも使える市販薬はもいくつか売られています。その一部をご紹介します。

■フルコートF

■タウロミン

しかし人によってはあわないという人もいるかと思いますので、できれば自己診断せずにお医者さんに見てもらって、適切な処置を受けましょう。

おわりに

今回はスギ花粉皮膚炎についてあれこれご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

あなたのその目の周り、首周りの赤みや炎症はスギ花粉皮膚炎かもしれません。

もし心当たりがある人は、早急に病院に行って適切な処置を受けることをおすすめします。


スポンサードリンク