中国出身モデル梨衣名の実家が凄い!想像を絶する田舎暮らしが話題!

中国出身のモデルで女性誌「CamCam」の専属モデルとして活躍し、その美貌から女性に圧倒的な支持を得ている梨衣名(りいな)さん。

スタイル抜群で美人な方ですよね。

そんな梨衣名さんですが、中国生まれで幼少期は中国で育ち、日本に来日されています。

しかし、その幼少期は極貧暮らしをしており、中国の実家が凄い!と話題のようなんです。

そこで気になったので、梨衣名さんの中国の実家や幼少期の極貧暮らしについて調べてみました。

スポンサードリンク

梨衣名のプロフィール情報

まずは梨衣名さんの基本的なプロフィール情報をご紹介します。

本名:李チェンイ(リチェンイ)

年齢:26歳

生年月日:1990年3月14日

出身:中国・泰安市

梨衣名さんは中国山東省の泰安市で生まれ。

9歳まで中国で育ち、父親が日本で働くことをきっかけに来日します。

来日後は小学校~中学高校、大学進学しずっと日本で暮らしています。。

大学は茨城大学工学部に進学。ロボット工学を学び、中国語、日本語、英語を操るまさに才女なのです!

そして、18歳の時に「レプロガールズオーディション2008」に出場しグランプリを獲得。

2009年にはCamCamの専属モデルとなり、雑誌のみならずCMやファッションショー、最近ではテレビにも出演し活躍の場を広がています。

秀才で美人だなんて、神は与えすぎですね!

スポンサードリンク

梨衣名の中国の実家が凄い!幼少期は極貧暮らし!?

モデルという職業からか、華麗な人生を歩まれてきたように思われる梨衣名さんですが、実は幼少期は結構壮絶な生活をされていたそうなんです。

梨衣名さんは9歳まで中国の泰安市にある李村というところで育ちました。

李村は北京から車でおよそ9時間のところにある小さな村だそうで、住民は50人ほどしかいないそう。

しかもその50人は全員親戚なんだとか。それもそれで凄いですね。

梨衣名さんが住んでいたその村は、「電気・ガス・水道」のないのが当たり前だったそうです。

さらにお風呂はなく、お風呂に入ったこともないため太陽の光で体を殺菌していたんだとか!

すっっっ凄い!

梨衣名さんってまだ26歳ですからね。そんなに何十年前も昔の話しではなく、ほんの20年程前の話しですよね。

さらに、9歳で日本に初めて来てお風呂を見て、入り方がわからず戸惑ったそうです。

そりゃあ使ったことないものだと使い方わからないですよね。ちなみにシャワーは湯船を洗うために使うものだと思っていたそうです。

さらにトイレは庭にレンガで仕切った簡易トイレ。

水道がないので、もちろん水洗トイレではなく、穴を掘りそのまま庭にするというかなりワイルドなものだったようです。

ちなみに梨衣名さんのツイッターに実家のトイレの様子が写っていました!

トイレというかレンガの壁があるだけですね…。

しかも冬には雪が積もりトイレをするのも一苦労です。

またおやつはセミやさそり!セミやさそりって食べれるんですね。

さらに都会に出るまで靴を履いたことがなく、村ではいつも裸足が布で作った足袋で過ごし、自然児としてたくましく育ったようです。

日本に移住してから、中国の田舎に帰った時にハイヒールを履いて帰り、ヒールがグイグイ土に入ってしまうため、それを見たおばあちゃんに「それは田植えの道具なのか?」と真面目に言われたというエピソードも!

かなり原始的な生活をされていたようですが、生まれた時からその生活だったため、苦ではなかったと語っています。

おわりに

今回はモデルの梨衣名さんの実家についてご紹介しました。

あの美貌からは想像もできないような、生活を幼少期はされていたんですね。

中国もかなり発展していますが、まだまだ都会と田舎の貧富の差は激しく、田舎の方では梨衣名さんのように原始的な生活をされている方が多いようですね。

貧乏というか、昔からの生活がそのまま残っているという方が正しいかもしれませんね。

いずれにしても、梨衣名さんの今後の活躍からも目が離せないので引き続き追っていきたいと思います。


スポンサードリンク