花粉症or風邪?症状が出たら鼻水の色をチェック!黄色はどっち?

最近鼻水がずるずる、そしてくしゃみがとまらず、なんだかだるい気がする…。

今まで花粉症ではなかった人にとっては、花粉症の症状なのか、ただの風邪なのか症状が似ているところもあるので、意外とわからないという人もいますよね。

そんな時には鼻水のタイプや色でチェックできます。そこで今回は鼻水で花粉症なのかそれとも風邪なのかチェックする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 花粉症の場合の鼻水

そもそも花粉症でなぜ鼻水が出るのでしょうか。

いくつか理由はありますがその多くは、外部から異物の侵入を排出するためです。

花粉症の場合の鼻水はねっとりした粘り気のあるものではなく、どちらかというとさらさらしています。

さらに無色透明となっています。油断すると、スススっと透明の鼻水がたれてきてしまうといったものです。

すすってもすすっても垂れてきてしまうのが特徴ともいえます。

風邪の場合の鼻水

そして風邪の場合の鼻水は、ねっとりとどろどろとした質感です。

さらに鼻をかんだ時に色々なものが混じって出てきます。

そして黄色っぽいのが特徴ですね。また緑色の場合もあります。

しかし初期症状としては花粉症の鼻水のタイプと同じようにさらさらしたものが出ます。その後、ねばねばした質感も鼻水へと変わっていきます。

ちなみに風邪で黄色っぽい鼻水が出るのは、体内の白血球が風邪のウイルスと戦い、黄色の膿として残り、この膿と鼻水が混ざり合い、黄色の鼻水となって出てくるのです。

黄色の鼻水は風邪の治りかけだと言われるケースもあるようですが、必ずしもそうとは限らず、蓄膿症になっている可能性もありますので、早めに病院に行ってみてもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

風邪と花粉症の見分け方の違いは?

鼻水以外で風邪と花粉症を見分ける方法は、「」があるかどうかでも判断することができます。

花粉症の場合でも熱は出る人もいるようですが、多くは微熱です。そのため高熱が出るようでしたら風邪だと判断できます。

さらに花粉症の特長とも言える、目のかゆみ。

風邪の場合は目がかゆくなったりはしませんよね。目にかゆみがあれば、花粉症の可能性が高いです。

次に喉にかゆみがありますか?かゆみがある場合は花粉症、痛みがある場合は風邪を疑いましょう。

以上に述べたように、「」「目のかゆみ」「喉のかゆみ・痛み」からも風邪と花粉症かを見分けることができます。

しかし自己診断せずに、異常を感じたらお医者さんに診てもらい適切な処置をしてもらいましょう。

おわりに

今回は花粉症と風邪の見分け方をご紹介しました。

花粉症と風邪の初期症状は結構似ているので、どちらかわからないですよね。

もし透明でさらさらな鼻水が続くようでしたら、一度医療機関でアレルギー検査をしてもらい、原因を調べてもらった方がいいかもしれませんね。

<この記事を読んだ人はこちらの記事を読んでいます>

花粉症2016もう飛んでいる?今年は多い?(東京・大阪・福岡編)

スギ花粉皮膚炎ってどんな症状?対策や治療法・市販薬について


スポンサードリンク