ひな祭りのお祝いの定番食事メニューの意味について

143323

3月のイベントといえばひな祭り。女の子のいるご家庭では、雛人形を飾ってお祝いするところも多いのではないでしょうか。

そしてひな祭りの食事といえば、ちらし寿司にひなあられ、はまぐりの御吸い物などカラフルで春の訪れを感じさせるお料理。

でも、ひな祭りの食事のメニューの意味についてはご存知ですか?意外とそんなに深く考えたことなかったな~という人もいるかと思いますので、今回はひな祭りメニューの意味についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ひな祭りお祝いの定番メニューとその意味について

さっそくひな祭りのお祝いメニューの意味や由来について見ていきたいと思います!

■ちらし寿司

何気なくひな祭りといえばちらし寿司は定番ですよね。ちらし寿司って華やかで美味しくてまさに桃の節句にピッタリ。なんだかひな祭りに食べる特別な由来がありそうです。

しかし、実はちらし寿司そのものには特に意味はないんです。

えっ?そうなの?じゃあどうしてちらし寿司?と思った方も多いはず。

ちらし寿司自体には意味がないのですが、ちらし寿司に入っている具材に意味があるのです。

○エビ…「長寿」海老のように腰が曲がるまで長生きする。また海老の「赤」には「魔よけ」や、脱皮することにちなみ「出世祈願」という意味も込められています。

○れんこん…穴が空いているれんこんはその形から、先の見通しがいいとされています。

○まめ…健康で、まめに働きまめに生きるように。

この3つは縁起がいいとされているので、ぜひちらし寿司を作る際は入れるようにしましょう。

■はまぐりの御吸い物

はまぐりの2枚貝は昔から「姫様」を意味していました。

この2枚の貝はぴったりと重なり合い、他の貝殻とは合わないのです。

このことから女性の「美徳や幸せ」そして、ぴったりと合う貝になぞえて「夫婦和合」の象徴とされています。縁起もののため、結婚式なんかでもお料理に出されていますね。

将来、よい人にめぐり合えよい夫婦になれますようにという意味も込められているんですね。

■菱餅

地域によって若干色の違いはありますが、白・ピンク・緑の三段重ねのものが一般でしょうか。なんだか見た目からもおめでたい気持ちになれる菱餅ですが、それぞれにきちんと意味があります。

白…「純粋や子孫繁栄」

ピンク…「魔よけ」

緑…「健康・長寿」

菱餅といわれるだけに餅で作られたものが一般的でしたが、最近ではゼリーで作られた菱餅風のお菓子なんかもありますよね。

■ひなあられ

ひなまつりといえばひなあられは欠かせませんよね。

コンビニでもスーパーでもかわいいカラフルなひなあられが販売されているので、ついつい買ってしまうという方もいるのではないでしょうか。

そんな可愛らしいひなあられでもちゃんと意味が込められているんのです。

ひなあられは一般的に白・ピンク・緑・黄色が多いですが、それぞれの色には四季が表されています。「自然のエネルギーを頂き、1年間健康的に過ごせる」という意味が込められています。

何も考えずにパクパク食べていましたが、そんなありがたい意味が込められていたんですね。感謝しながら食べましょう。

 まとめ

今回はひな祭りの定番メニューの意味についてご紹介しました。何にも考えずに食べるよりも意味を知って食べる方がよりありがたみを感じますね。

みなさんも楽しいひな祭りを過ごしてくださいね。


スポンサードリンク