ひるね姫舞台(ロケ地)は岡山県倉敷市の児島付近か 聖地巡礼ルートはココ!

女優・高畑充希さんが声優を務める映画「ひるね姫~知らないワタシの物語」

2017年3月17日より上映のアニメ映画です。

「東のエデン」「精霊の守り人」などといった作品を手がけてきた神山健治監督作品で、2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は」や「この世界の片隅に」を思い出させてくれるような、映像美とミステリアスなストーリーに注目が集まっています。

この映画の舞台は「岡山県の倉敷市児島付近」をメインに作られているとの情報がありましたので、早くも映画に登場するロケーションが流行しそうな予感がします。

そこで今回は、ひるね姫舞台(ロケ地)について調べてみました!

スポンサードリンク

映画「ひるね姫~知らないワタシの物語」とは?

ついつい、ねむり姫と言ってしまいそうなこの映画「ひるね姫~知らないワタシの物語」

まずは、あらすじについて簡単にご紹介します。

岡山県倉敷市で父親と暮らしているごくごく平凡などこにでもいる女子高生・森川ココネ。

彼女が得意なことは「昼寝」。そしてなぜだか毎日決まって同じ夢を見ていた。

そんな平凡に過ごしていた、ココネ高校生3年生の夏にとある事件が起きる。

2020年東京オリンピックが始まる3日前に父親が突然警察に捕まり東京に連行されてしまった。

ココネはなぜ父親が逮捕されたのか。その謎を解くために幼馴染のモリオを連れて東京に向かい、自身が見る夢を手がかりに両親に隠された秘密を知ってしまう。

ひるね姫舞台(ロケ地)は岡山県倉敷市の児島付近か

あらすじをおさらいしたところでさっそくねむり姫…、ひるね姫の舞台(ロケ地)となった場所を見てきましょう。

今回この映画の舞台となったのは、岡山県倉敷市にある児島(こじま)付近ということで調べてみました。

倉敷市の瀬戸大橋のたもとにある小さな街で、映像を見ていると古きよき時代を感じる街ですね。

■ココネの通学路①鷲羽山駅近くサイクリングロード

まず、こちらの映画のポスターにも登場する印象的な橋。

こちらは瀬戸大橋ですね。

ロケ地は、現在廃線となっている「下津井電鉄」がサイクリングロードとなっています。

そのサイクリングロードの鷲羽山駅近くが舞台です。(ポスターとそっくりで結構忠実に描かれています)

休憩ポイントもあるので、サイクリングをしながらめぐってみてはいかがでしょうか。

■ココネの通学路②田土浦坐神社(たつちのうらにましますじんじゃ)

瀬戸大橋と情緒溢れる階段に鳥居の見える絶景ポイント。

こちらは田土浦坐神社(たつちのうらにましますじんじゃ)がロケーションとなっているようです。

実際は映画よりも少し階段が短い印象ですね。

ココネのように階段を駆け下りに来るファンが続出するかも!?

<アクセスはこちら>

■ココネの通学路③下津井田ノ浦1丁目9付近

ココネが学校に通う通学路は情緒溢れる街並みがとても美しいですよね。

学校に通うシーンだけでも十分にその映像美を楽しむことができます。

児島をモデルに作られているようですが、よーく見ると映像の中に実際にある住所も記載されていました!

こちら予告にもあったシーン(0:30~をご覧下さい)

一瞬ですが、左側に住所が掲載されています。

この住所をよーく見ると「下津井田之浦1丁目9」と書かれています。

調べてみると以下赤枠の実際に存在する住所ですね。

先ほどのココネの通学路もこの近くですし、ココネの家はこのあたりという設定なのではないでしょうか。

残念ながらGoogleストリートビューでは見れないのですが、この辺りに行けば同じシーンが撮影できるかと思います。
(行かれた方がいれば情報頂けると幸いです)

■ココネの通学路④田ノ浦港バス停

干しタコが印象的な、ココネ達が乗るバス停

調べたところ「田ノ浦港」バス停でした。

干しタコは映っていませんが、きちんとバス停もあり、付近の家も映画と同じです!

かなり忠実に再現しているんですね。

ひるね姫舞台(ロケ地)は岡山県倉敷市の児島付近か 聖地巡礼ルートはココ!-おわりに

今回は、ひるね姫の舞台(ロケ地)についてご紹介しました。

詳しく調べてみると、岡山県倉敷市の「下津井田ノ浦」付近が結構ロケ地のモデルとなっているようですね。

ぜひ春のおでかけに聖地巡りをされてみてはいかがでしょうか。

また新たな情報が入りましたらご紹介したいと思います。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

ひるね姫ネタバレ結末と感想!高畑充希が歌う主題歌がよかった!

3月のライオン映画ロケ地(撮影地)まとめ!聖地巡礼ルートはココ!

 


スポンサードリンク