家事えもん式!片栗粉でお風呂の頑固なカビを落とす掃除方法

bathtub-1078865_640

最近テレビで様々な家事にまつわる神業を紹介している、家事えもん。

家事えもんとは、ピン芸人として活動している松橋周太呂さんのことです。

家事えもんこと松橋さんが発表する驚きの掃除の技やレシピが今主婦の間で反響を呼んでいます。

今回は以前でテレビでも紹介していた、「片栗粉でお風呂のカビを落とす」掃除方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 家事えもんが伝授!片栗粉でお風呂のカビを落とす掃除方法は?

お風呂ってどうしても、湿気がこもりやすく、タイルの目地やイスの裏、シャワーヘッドのホースの部分、ドアの隙間など、放っておくといつのまにか黒カビが…。

見た目にもよくないのはもちろんですが、そのままにしておくと喘息やアレルギーの原因となり体にもよくありません。

体をきれいにするお風呂ですから清潔に保ちたいですよね。

そんなついてしまったお風呂のカビをは、片栗粉と塩素系漂白剤で落とすことができるそうです。

まず材料はこちらです。

<準備するもの>

■片栗粉

■塩素系漂白剤

■ラップ

準備ができたら、カビ取り洗剤を作っていきましょう。

<カビ取り洗剤の作り方>

  1. 直接肌に触れないようにゴム手袋をします。
  2. 容器に片栗粉を入れ、片栗粉と同量の塩素系漂白剤を入れ混ぜます。
  3. 粘り気がでるまで混ぜたら完成です。

お次は作ったカビ取り洗剤を使った掃除方法をみていきましょう。

<掃除の手順>

  1. カビの上にスプーンなどで洗剤をのせていきます。
  2. 上からラップをぴったりと被せ、20分そのまま放置します。
  3. 水でしっかりとすすぎましょう。(お湯ですすぐと片栗粉が固まってしまうので、必ず水ですすぎましょう)

一度で落ちない場合は、何度も繰り返すとすっきりとカビが落ちてきれいなお風呂になります。

これは掃除のプロも実践されているワザだそうです。

スポンサードリンク

 なぜ片栗粉と塩素系漂白剤がカビに効果的なの?

塩素系漂白剤は一般的な洗剤や泡で出てくるタイプのカビ取り剤よりもカビを倒す力が強力。

しかし、塩素系漂白剤は液体のため流れ落ちてしまうのが弱点です。

そこで、片栗粉を混ぜることによって粘着力がつき、糊状にしラップで被せることでカビにぴったりとつき、頑固なカビもすっきりと落とすことができるのです。

塩素系漂白剤はキッチンやまな板やふきんなどを漂白・除菌する時に使っているものなのですが、片栗粉と合わせることでお風呂にも使えるんですね。

おわりに

今回は家事えもん式、片栗粉でお風呂のカビを落とす掃除ワザをご紹介しましたがいかがでしたか。

寒い冬場のお風呂で、ごしごしと磨く必要もなく、基本的には放っておくだけで、すっきりと頑固なカビも落ちるのでおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。


スポンサードリンク