嫌われる勇気(ドラマ)あらすじキャスト!原案はアドラー心理学!

2017年1月スタートのドラマが続々と発表されています。

フジテレビ木曜10時からの新ドラマは香里奈さん主演の「嫌われる勇気」が放送されることが決定しました。

これは、心理学の大家アルフレッド・アドラー氏の「嫌われる勇気」を原案に刑事ドラマとなるようです。

さっそく、あらすじやキャスト情報、さらには原案ともなっている「嫌われる勇気」について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

嫌われる勇気(木曜ドラマ)のあらすじ

香里奈さん演じる主人公・庵堂蘭子(あんどうらんこ)は警視庁刑事部捜査一課の敏腕刑事。

弱冠32歳にして、数々の何事件を解決へと導いており、エースでもあった。

警視庁でもトップクラスに入る検挙率という仕事ができるにもかかわらず、それを自慢することもせずに自分のやり方で事件を解決していく。

上司に媚びずに自分の信じた道を突き進む、いわゆる一匹狼タイプで、他人からの評価や批判に臆することなく仕事をこなすいわば「アドラー女子」

しかし、男性社会である警察組織では蘭子のことをよく思わない人も多く、どこか嫌われてしまいがちな存在に。

それでも蘭子は嫌われることを臆せず、自分のことを信じ目の前に立ちはだかる何事件を次々と解決へと導いていく爽快なストーリーとなっています。

嫌われる勇気(ドラマ)キャスト情報

次に気になるキャスト情報をご紹介します。

■庵堂蘭子(あんどうらんこ/32)…香里奈

今回主人公を演じるのは、女優の香里奈さん。サバサバした庵堂蘭子のイメージとピッタリですね。

■青山年男(あおやまとしお/28)…加藤シゲアキ(NEWS)

正義感が強く、子供の頃から刑事にあこがれており念願叶って捜査一課に配属された。

蘭子とタッグを組むことになるが、蘭子とは対照的に人の視線が気になり嫌われたくないと思っている男。

しかし、蘭子と仕事をしているうちに蘭子の生き方に感銘を受け始め、アドラー男子に成長していく。

■大文字哲人(だいもんじてつと/52)…椎名桔平

帝都大学心理学科の教授で犯罪心理学が専門。これまで何事件の犯人像をいくつも警視庁に提供し捜査協力している。

蘭子が大学生の時に「アドラー心理学」を夢中で読んでいることを知り、自らのゼミ生として誘い教えた経験を持つ。

「アドラー心理学」の全てを知り教えていく男。

※新たなキャスト情報が発表になりましたら随時ご紹介します。

嫌われる勇気(ドラマ)原案はアドラー心理学

今回のドラマは2013年に発売され累計180万部超え大ベストセラーともなった書籍「嫌われる勇気」が原案となっています。

心理学界の三大巨匠と言われながらも、当時そこまで知名度がなかったオーストラリア出身の精神科医で心理学者の亜フルレッド・アドラーが20世紀初頭に創設した新たな心理学です。

書籍ではより内容を優しくドラマチックに読めるよう、哲学者と悩める青年の対話式でその思想について解き明かされています。

対人関係に悩み、改善していくための具体的な方策を提示してくれるこの本は人間関係に悩みを持つ人の多い現代人だからこそ、読みたい1冊です。

嫌われる勇気(ドラマ)見所ポイント

①「アドラー女子」ブームの予感?

香里奈さんといえば、美人ながらもサバサバしたイメージがあるので、主人公・庵堂蘭子はまさにハマリ役ではないかと思います。

フェイスブックやインスタグラムなど、自分を取り巻く周りの環境が見えやすく、他人と比べて落ち込み、劣等感を感じやすい現代社会。

人の評価や周りを気にせず突き進む庵堂蘭子の生き方「アドラー女子」は、周りになんと言われようが思われようが自分の道を突き進んでいく女性たちを勇気付ける2017年のトレンドになる予感もしますね。

②1話完結型なので途中からでも入り込みやすい

ストーリーは1話完結型のドラマのため、途中から見始めても十分に楽しめる展開となっているようです。

1話ずつ事件を解決していく蘭子の姿は見ていて、爽快な気分になれるのではないでしょうか。

おわりに

今回は、新ドラマ「嫌われる勇気」のあらすじやキャスト、原案や見所ポイントについてご紹介しました。

アドラー女子という新たなブームが巻き起こりそうな予感ですね。期待して待ちたいと思います。


スポンサードリンク