ラヴソング(月9)出演の若手バンドはGEEKS!おすすめ曲は?

早くも第2話が放送された月9ドラマ「ラヴソング」

音楽を通じて恋するラブストーリーとなっているため、様々な魅力的な曲が流れるので音楽好きにはたまらないですね。

さて、そんな第2話では、福山さんが通うライブハウス「S」にて元バンド仲間の宍戸夏希(水野美紀)と飲んでいる時に若手バンドが演奏をしていました。

番組では田中哲司さん演じる増村と口論になり、乱闘騒ぎになってしまった若手バンドですが、そのバンドグループは本当に実在します!

もうファンの方はドラマを見ただけで一瞬でわかったと思いますが、バンド名は「GEEKS」。

赤いモヒカンが印象的なボーカルは役名と同じく「エンドウ.さん」と言います。

そこで今回はGEEKSについてや、おすすめの曲なんかもご紹介します。

スポンサードリンク

GEEKSってどんなバンド?

まずはGEEKSってどんなバンドグループなのかご紹介します。

GEEKSは2008年に結成された日本のパンクロックバンドです。

現在のメンバーは4人で、赤いモヒカンのボーカルは「エンドウ.さん」と言います。

UKハードロックパンクという独自のジャンルを開拓し自称しており、日本国内だけでなくアメリカや韓国など海外でもライブ活動を行なっています。

また海外からの評価も高く、アメリカのヘヴィメタルバンドのファンからも「あんたたち負けていないわよ」と言われるほど、その実力は絶賛されています。

ボーカル「エンドウ.さん」のツイッターでも出演の報告がされていますね。

ドラマの裏話も!

結構大変な撮影だった模様です。

ほんの短い時間でしたが、あのバンドは何だろうって気になった人も多いのではないでしょうか。

オフィシャルウェブサイトはこちら

スポンサードリンク

おすすめ曲は?

見た目こそは結構派手ですが、独特な歌詞とサウンドに魅了される人が多いようです!

確かに激しいパンクロックかと思いきや、結構聞きやすく元気になれる曲です。

「CAPTAIN WIMP」

ミュージックビデオもかなり独創的で面白いです。

「ジャーニーマン」

プロレスのエンディングテーマなんかにも使用されています。

ロックパンクですが、歌声にまろやかさがあって激しさと柔らかさが上手い具合に融合しているような気がします。

ライブ映像もいいですよ~!めちゃめちゃかっこいいです!

「WALPURGIS NIGHT」

初めて聞くと英語の歌詞に聞こえてますが、日本語で歌っています。

聞けば聞くほど、はまってしまいそうですね。

新曲もどんどんリリースしている模様なので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回はGEEKSについてご紹介しました。

パンキッシュながらも、安定感のあるコーラスも合わさって独創的な世界感がはまってしまうこと間違いないと思います。

ドラマでももっと出演してほしいですね。


スポンサードリンク