ラヴソング(月9ドラマ)さくらが歌った曲名は500マイル!誰の歌?

フジテレビで始まった月9ドラマ「ラヴソング」

4月11日よりスタートしましたが、みなさんはもうご覧になりましたか。

見逃した!という人はあらすじ(ネタバレ)をこちらで書いていますので参考にしてみてくださいね。

ラヴソング第1話あらすじ(ネタバレ)感想!藤原さくらの演技力は?

初回放送では、藤原さくらさん演じる佐野さくらは「吃音症」に悩む女性を演じていました。

その吃音症を克服するために、福山雅治さん演じる臨床心理士の神代氏と共に音楽療法を取り入れ克服していく模様です。

初回ドラマの後半で、これまで話すことすらままならなかったさくらが、好きな歌をうたってごらんと言われて、

たどたどしく歌いだすものの、芯のある伸びやかな歌声で感動を呼びました。

その歌声に感動しつつ、さくらが歌った曲は誰の歌?と話題になっているようです。

そこで、今回はさくらがドラマの中で口づさんだ曲について調べてみました!

スポンサードリンク

藤原さくらが劇中で歌った曲は?

さて、さっそく調べてみましたところ、

さくらがドラマの中で歌った曲は「500マイル」というものであることがわかりました。

結構有名な歌なので知っている人も多いかもしれませんね。

元々は1961年にアメリカで発表された女性シンガー、ヘディ・ウエストの曲です。

↑こちらの曲が原曲になっており、色んな方がカバーしています。

フォークグループのピーター・ポール&マリーの500マイル。

ぬくもりのある歌声で、心がじんわりと温かくなりますね。

う~ん。こちらも素敵です。

スポンサードリンク

あれっ?

でもドラマ内では歌詞が日本語でしたよね。

ドラマ用に日本語訳をつけたのでしょうか。

実は、日本のロックミュージシャン・忌野清志郎さんが作詞・カバーされています。

こちらも素敵ですね~。

ちなみに女優の松たかこさんもカバーされています。

松さんの500マイルも柔らかで素敵ですね。

うーん!

どれもそれぞれの特徴があって素敵ですね。

海外の歌って日本語の歌詞をつけるとなんだかダサくなったり、違和感があったりしがちですが、全くそんなことないですね。

藤原さくらさんの500マイルもフルで聞きたいですね。

今後ドラマの中でライブのシーンとかあるかと思いますので、その中で歌ってくれることかと思います。

楽しみです♪

おわりに

今回は、ドラマ「ラヴソング」で藤原さくらさんが歌っていた曲名について、ご紹介しました。

暖かな春にもピッタリな曲ですね。

一度聞いたら、思わず口づさんでしまう曲です。

ドラマの中でのキーポイントとなる曲だと思いますし、藤原さんもドラマ内で歌うかと思うので、楽しみですね。


スポンサードリンク