小林麻央皮膚転移やお腹転移している場合の余命は?1月に病状悪化か

2016年12月の後半より、病院で闘病生活をおくられている小林麻央さん。

新年に放送された「市川海老蔵に、ござりまする」にも出演され、久々にテレビで話す麻央さんの様子に全国の方が釘付けになったのではないでしょうか。

さて、そんな小林麻央さんですが、最近検索していると「皮膚転移」「お腹」という新たなワードが浮上してきており、どうやら乳がんが皮膚やお腹に転移した?という噂が流れているようです。

気になったので真相を調べると共に、もし転移していた場合の余命についても調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

小林麻央皮膚転移やお腹転移しているのか

麻央さんは乳がんが発覚し、その後リンパや骨、肺にまでがん細胞が転移していることをブログKOKORO.にて公表されました。

また、がんにはステージがありますが、麻央さんの場合「がんステージ4」つまり末期がんであることを意味し、これもご自身のブログにて明かしています。

しかし、それでも治る!いや、治す!という強い気持ちを持って闘病生活を続けられています。

一時は手術もできなかったくらい、かなり悪かったようです。

しかし、なんとかかんとかして手術ができることになり、海老蔵さんも「すごいことが起こっている」とテレビで言うくらい、強く懸命に一日一日を頑張っていることがわかります。

また、1月9日に放送された「市川海老蔵に、ござりまする」でも、ハキハキと笑顔でインタビューに答えていたことからも、麻央ちゃんなら絶対に治せる!と奇跡が起こることを強く感じた方も多いのではないでしょうか。

さて、そんな小林麻央さんですがテレビ放送後あたりから、食事もとれないほどの症状が悪化していることがブログKOKORO. から見受けられるようになりました。

そして、さらに1月中旬くらいから小林麻央さんについて検索すると同時に「皮膚転移」「おなか」といった新たなドキッとするワードが浮上してきます。

麻央さんもしかして…

と思い、ブログKOKORO.を見てみたのですが、通常の記事にはそういったことは報告されていません。

検索ワードというのは、検索される回数が多ければ多いほど、検索エンジン上に残るという仕組みになっています。

そのため、かなりの多くの人が小林麻央さんについて検索した時「皮膚転移」「おなか」といったワードで検索しているということを意味しています。

これだけ検索ワードが出てくるということは、やはり何かしらの形で皮膚転移やおなか転移の発表があったものと思われます。

小林麻央皮膚転移やお腹転移している場合の余命は?1月に入り病状悪化か

もし、小林麻央さんが皮膚転移やお腹に転移しているとしたら、がんステージ4ということからも、余命が心配になってしまいます。

12月は比較的食欲もあったようですが、1月に入ってからは、口から何かを食べるのも難しいくらい食欲がなくなり、以前にも増して病状が悪化していることがブログからも見られます。

乳がんの皮膚転移は、大きく分けると2つに分類されるそうです。

それは、「直接浸潤」と「炎症性乳がんやリンパ節転移」によるものです。

まず「直接浸潤」は乳腺の中にできたがん細胞が周辺の脂肪などに広がり、皮下から皮膚に直接浸透し発育。

この発育したがん細胞が腫瘍を形成し炎症や腫れを引き起こし、ここに菌などが感染すると悪臭の原因となります。

そして、「炎症性乳がんやリンパ節転移」というのは、皮膚の下に張り巡らされたリンパ管の網の目にがん細胞が詰まり、炎症が起こり、腫瘍ができたりといったものだそうです。

肺や骨への遠隔転移に比べ皮膚転移の数としてはそう多くないものであり、もし皮膚転移が起こると患者さんのQOL(生活の質)がより辛いものとなってしまうとも言われているそうです。

皮膚転移は、出血や痛み、炎症や腫れ、さらには悪臭をもたらすなど、精神的にも肉体的にもかなり辛い症状のようです。

少し調べただけでも、かなり恐ろしく感じてしまいましたので、皮膚転移と闘っている患者さんは我々が想像する以上に辛いのではないでしょうか。

小林麻央さんの場合、胸、リンパ、肺、骨、そして今回噂となっている皮膚、お腹と全身に転移されています。

元々、根治は難しい状況と宣告されていたようですが、ここにきて新たな転移が見つかったとするならば、状況はさらに厳しいものとなると思われます。

ネットでもあれこれ言われていますが、もしかすると本当に1月もしくは2月も乗り越えられるのか…。

麻央さん自身も相当辛いようで、ブログにもお子さんの動画や写真を見て、底力を支えてもらっているとも綴っていました。

正直現状では、今(1月2月)が山場というところではないかと思ってしまいます。

小林麻央皮膚転移やお腹転移している場合の余命は?1月に入り病状悪化か-おわりに

先日の密着番組で海老蔵さんが「(2016年)夏はダメだと思った」とインタビューで答えていました。

身内ですらダメだと思っていた状況にも関わらず、麻央さんはその後、一時退院ができるほどまで回復しています。

そんな数々の奇跡を起こしてきている麻央さんだからこそ、今厳しい状況をなんとか乗り越えてくれるのではないかと希望を持っています。

根治はできずとも、これまで幾度となく乗り越えてきた底力で、なんとか家族一緒に桜を見るという2017年の目標を叶えてほしいです!!

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

小林麻央退院し終末医療で余命は子供と?転移広がり施しようがないのか


スポンサードリンク


2 件のコメント

  • 辛くてもつらくても、あかるく、頑張るまおちゃんの、大フワンです。私も72才で、生まれて、初めて、なった病気が、乳ガンです、まだまだ、はたらいて、毎日、若い人たちと、がんばってます。麻央ちゃんの、かわいい顔に、毎日いやされています。是非とも頑張って、子供や、海老蔵さんに、そのまま、かわいい笑顔を、あげてくださいねー。応援してますよー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です