小林麻央余命最新現在3月に癌が進行?余命3ヶ月説が再浮上か

がんを患い2年以上の闘病生活を送られている小林麻央さん。

現在では自宅で療養され、最近では海老蔵さんが麻央さんの体調を気遣い階段など昇り降りがない身体に負担がかからないようにするため高級マンションに引っ越したことも話題となっていました。

ここ最近ではおでかけしたり、食事を取ったりできるようになられたので、回復しているようで安心したという声もあがっているようです。

しかし、一見元気そうに見えますが実は麻央さんのがんは日々進行し悪くなっているのではないかという情報もありました。

そこで今回は、小林麻央さんの最新3月現在の様子をブログから読み解き、3月までに癌が進行しているのか、余命3ヶ月説再浮上についても考察してみたいと思います。

スポンサードリンク

小林麻央余命最新現在3月の病状は?癌が進行している?

食事も取れるようになり、お出かけにもいけるようになった小林麻央さん。

一見、ブログやメディアの報道だけを見ていると、回復されたようでよかった!と思う方が多いかもしれません。

最近では、本当にがんなの?嘘だったのでは?という声もちらほら見かけるようになりちょっと残念に思います…。

筆者も麻央さんのブログを日々チェックさせてもらっているのですが、元気そうなブログの内容が多いので麻央さんなら奇跡を起こし、このままがんが治せるのではと思うほどでした。

しかし、3月に入り実は病状が悪化しているようにも思える、内容の記事があがっているのが気になります。

それは、3月2日「おやすみなさい」という記事。

その中で、

治療の選択というのは
いくつも治療を重ねてきたあとは
どんどん難しくなると感じます。
スタンダードというもののカードが
少なくなっていくからです。
価値観、人生観、死生観が
そこで、より浮き彫りになってくるように
感じます。

これまで、様々な最先端の治療法を受けてきた麻央さん。

しかし、ここで治療法のカードが少なくなってきている、つまりもうこれ以上の治療法の手立てがなくなってきているという意味を表しています。

これまでがんに効くともなれば、最先端医療から民間療法、神頼みまであらゆる治療法を試してきたはずです。

しかし、乳がん発症から現在では骨、肺、皮膚、お腹と良くなるどころか、どんどん体中にがん細胞が広がり続けていることは確かなのです。

また他の臓器への転移、肝臓や脳への転移の恐れもあります。脳に転移してしまうと意識障害が起こったりもう手の施しようがなく非常に危険です。

麻央さんの場合は34歳というまだかなり若い年齢なので、年を取った方よりも細胞が若く、細胞が若いということは、がん細胞たちにとっておいしいもので、物凄いスピードで追いつかないくらい進行が早いのです。

実際に2016年6月に海老蔵さんが記者会見された時も「物凄いスピードで進行している」と公表されていました。

それは、あの時だけでなくおそらく現在も物凄いスピードで進行し続け、それを一生懸命に食い止めよう、立ち向かおうとしているのには変わりないのです。

しかし、3月に入り治療の手立てが少なくなってきているということは、進行を止めることはできずに、進み続けてしまうということを意味しているとも捉えられます。

そして、3月13日の公開したブログの記事「大事なこと」

こちらの内容は、アメンバー限定記事なので会員しか見ることができませんが、病気に関する大事なことが掲載されています。(読みたい方はメンバー登録をされてください)

KOKORO./大事なこと

麻央さんが、いつ他の臓器への転移が見つかるかの不安や恐怖と闘い続けているかと思うといたたまれない気持ちになります。

ブログではお子さんとのことや日々のたわいもないことを綴っているだけのように見えますが、がんであることを、少しも忘れるためにも必死なのではないかと思います。

また、最近外出も多くされていますが、元気なうちに行っておかなければという少し無理をしてでも強い意志さえ感じられます。

小林麻央余命3ヶ月説が再浮上か?

元々乳がんステージ4、つまり末期であることを公表していた麻央さん。

がんステージ4以上のステージはありません。しかし麻央さんの場合はがんは進み続けているのです。

がんが進み続けているというのは、悪化していく道を辿っているといっても過言ではないのです。

まだ食事や病院に行かれる体力、お風呂に入る体力などもあるようなので、今すぐに危ないという状態ではないと思われます。

しかし、3月に入ってからのブログKOKOROに掲載されている麻央さんの顔写真を見ると、顔が黒く、また頬がこけて前2月よりも痩せてしまったようにも思います。

KOKORO./ゆったり

食欲がなくなると、栄養が取れなくなりどんどん体が衰弱していってしまうので、再び食欲がなくなった場合はかなり危ない状態になってしまうのではないかと思います。

しかし、病気は心の持ちようでもありますし、お子さんや海老蔵さんたちからもらう「心の栄養」を思う存分吸収してがんの進行が少しでも食い止める力にしてほしいですね。

小林麻央 余命最新現在3月に癌が進行?余命3ヶ月説が再浮上か-おわりに

今回は、小林麻央さんの2017年3月現在の病状について紹介しました。

色んな意見がありますが、毎日がんと闘っています。

それは健康な人からすれば想像を絶するほどの痛み、辛さ、悲しさなのかもしれません。

少しでも長く家族と楽しいひと時を過ごしてほしいですね。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

小林麻央退院し終末医療で余命は子供と?転移広がり施しようがないのか


スポンサードリンク