室屋義秀(パイロット)の経歴・嫁や子供について!年収はどれくらい?

muroya

先日、空のF1レッドブル・エアレースで「室屋義秀」さんというパイロットが、日本人として初優勝をしたことで話題になっています。

空のF1というものがあるというを今回のニュースを聞いて初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、室屋義秀さんの経歴について、さらには結婚しているそうなので奥さんや子供について、そしてパイロットとしての年収などについてもあれこれ調べてみました!

スポンサードリンク

室屋義秀の経歴・プロフィール情報

まずは室屋さんの基本的なプロフィール情報からご紹介します。

名前:室屋 義秀(むろや よしひで)
年齢:43歳
生年月日:1973年1月27日

幼少時代に「機動戦士ガンダム」のアムロに憧れ、パイロットを目指す。

中央大学に進学し、航空部に所属。

グライダーで飛行訓練を始めます。

グライダーとはエンジンのない航空機だそうで、航空部では操縦ライセンスを取得し、大会に向けて訓練をするそうです。

そういう部があるなんて、知らなかったです。

なんだか男のロマンという感じで夢がありますね。

女性の部員さんなんかもいるみたいです。

かっこいい! と話しを戻しまして、室屋さんは20歳の時にアメリカに渡り飛行機のライセンスを取得します。

その後、1995年兵庫県で行われたブライトリングワールドカップにてエアアクロバティックの世界最高峰の技術に衝撃を受け、そこから室屋さんの人生が大きく変わります。

2年間かけて、資金を貯め、本格的なアクロバット訓練を本格的な訓練を受けるため、1997年に再度渡米。

エアアクロバティックの全米チャンピョンを育てた名トレーナーのもとで訓練に励みます。

めきめきと頭角を現し、渡米して5ヵ月後にはアドバンスクラスの日本代表チームの一員として世界の舞台に立ちます。

日本でもエアショーを開催したり、技術を高めながら自ら現在活動しているエアショーチーム「Team deepblue(現在のTeam Yoshi MUROYA」を旗揚げし、世界一のフライトを目指していきます。

数々の大会に参戦し、技術を磨き続け、ついに2016年千葉県幕張海浜公園で行われたレッドブル・エアレースで日本人として初の優勝を果たしたのです。

ちなみにレッドブル・エアレースとは…

世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが、最高時速370km、最大重力加速度10Gの中、操縦技術の正確さ、知力、体力、そして精神力の限りを尽くして3次元でタイムを競うFAI(国際航空連盟)が公認する世界最速のモータースポーツ・シリーズです。 出展:http://rbar.jp/about.html

この大会には14人のレースパイロットが参戦し、室屋さんは1回戦、準優勝を勝ち抜き、決勝にて最高の1分4秒992秒をマークし優勝を果たしたのです。

本当に凄い!

スポンサードリンク

 室屋義秀の奥さんや子供は?

とってもかっこいい室屋さん。

パイロットでイケメンなので、さぞかしモテるでしょう…

結婚された奥さんやお子さんはいるのかというプライベートなところもちょっと気になりますよね。

気になったので調べてみたところ、奥様は成子(しげこ)さんというそうで、お子さんは3人いらっしゃるそうです。

しかし、それ以外に奥様やお子さんについてほとんど情報はありませんでした。

一般の方でしょうから、そっとしておきましょう。

男の子のお子さんもいるようなので、将来お子さんも室屋さんと同じくパイロットとしてデビューするかもしれませんね!

パイロットというお仕事に対し心配なところもあるでしょうけど、こんなお父さん本当にかっこよくて素敵ですね。

きっと家族にとって自慢の夫であり、お父さんなのでしょう。

 室屋義秀の年収は?

パイロットとして活躍する室屋さん。

でも年収ってどれくらいなのでしょうか…。

ちなみにANAやJALのパイロットの年収は約2000万とされています。

さらに、F1レーサーの年収は上位の方で約20億と言われています。

マイナーな競技ではありますが、命がけの競技でもありますので、優勝選手などは「億」近い収入があるのではないかと思われます。

クレイジージャーニーに登場?

レッドブルエアレースで日本人初の快挙を遂げたことで、エアレースに興味を持たれた人も多いことでしょう。

もっと室屋さんの話しを聞いてみたりしたいですよね♪

そんな室屋さん、もしかしたら6月に人気番組「クレイジージャーニー」に出演するかもしれません。

はっきりとはまだ書かれていませんが、これは番組に登場されるのではないでしょうか…?

もし出演されたら、裏話やクレイジーな話しも色々と聞けそうです。

期待して楽しみに待ちましょう♪


スポンサードリンク