夏祭り2016!東京で屋台が楽しいおすすめのお祭り5選!

90dfe4215f344b5c96006e949d9fe7f4_s

関東地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番!

夏の暑さは辛いですが、暑さも吹っ飛ばすような楽しいイベントが沢山あるのも夏ならでは。

普段はあまり外出しないなという人でも、せっかくなので夏祭りに出かけてみてはいかがでしょうか。

今回は、夏祭り(2016)東京で屋台が楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

さっそく見ていきましょう!

スポンサードリンク

 深川八幡祭り

東京都江東区にある富岡八幡宮で行われる「深川八幡祭り」

日本の「江戸三大祭り」としても知られ歴史あるお祭りで有名です。

深川八幡祭りといえば、有名なのが神輿!

3年に一度に行われる「本祭り」ではなんと120基もの神輿が担がれ、「ワッショイワッショイ」と観衆から担ぎ手への水が浴びさせられながら行われるお祭りは迫力があり、担ぎ手も観衆も一体となって楽しめるお祭りです。

さて、そんな深川八幡まつりですがもちろん屋台も沢山でます!

200以上もの屋台が出展され、焼きそばや焼き鳥などの定番の食べ物はもちろん、金魚すくいやヨーヨーすくい、カキ氷など一通りのものは全て楽しむことができます。

またこちらでは「カルメ焼き」という昔なつかしいお菓子の屋台も出展されます。

最近では縁日やお祭りで「カルメ焼き」を楽しめるところは稀ですので、ぜひ深川八幡祭りに行ったらカルメ焼きの屋台に立ち寄りましょう!

<日時>

2016年8月12日(金)~8月15日(月)

9時~20時

 麻布十番納涼祭り

芸能人もお忍びで来るほど、毎年人気の麻布十番納涼祭り。

都内でも有名なお祭りで、2日間で毎年40万~50万人の人が訪れるほど人気のお祭りとなっています。

この祭りの目玉やなんといっても屋台!

麻布十番の名店も屋台に登場し、イタリアンやフレンチなどこのお祭りでしか食べられないお店の屋台が出展されるのも目玉です。

屋台だけでなく特設ステージも設けられ、ライブや寄席なども楽しむことができます。

ぜひ一度は訪れたいおすすめの夏祭りです。

<日時>

2016年8月27日(土)~28日(日)

15時~21時

スポンサードリンク

福生七夕祭り

東京都福生駅を中心に行われる「福生七夕祭り」

関東三大七夕祭りに負けじと劣らない大きな七夕祭りとして有名です。

大きな七夕の飾りはもちろん、130店もの屋台や露天が出る大規模なお祭りとなっています。

こちらの屋台の目玉といえば、ご当地グルメの「福生ドック」

さらに、米軍横田基地が近い影響か、日本の食べ物だけでなくトルコアイスやケバブなど国際色豊かな屋台も楽しむことができます。

お昼から夜までやっているので1日いても楽しめますね。

<日時>

2016年8月4日(木)~7日(日)

13時~21時

 東京高円寺阿波おどり

1957年より始まった東京の夏の風物詩でもある「東京高円寺阿波おどり」

阿波踊りは高知県が本場ではありますが、約一万人が踊るこの高円寺で行われるこの阿波踊りも圧巻です。

そして、もちろん屋台も沢山出展されます。

基本的に高円寺の地元のお店が屋台を出展し、地元ならではの料理が楽しめたりもします。

また、被災地応援復興屋台村というブースがあり、仙台名物「牛タンつくね」やB-1グランプリでもグランプリを獲得した福島県の「浪江焼きそば」など東北地方の名産物も楽しむことができます。

さらに本格タイ人の方が出展しているアジア屋台などもあり、タンドリーチキンなどアジア料理も楽しむことができますよ。

食べ歩きをするだけでも十分楽しめるお祭りです。

<日時>

2016年8月27日(土)~28日(日)

17時~20時

 阿佐ヶ谷七夕祭り

東京都杉並区で行われている阿佐ヶ谷七夕祭り。

東京で開催される七夕祭りの中でも人気ランキング上位に入るお祭りとしてすっかり定着してきました。

阿佐ヶ谷のアーケードに色とりどりの大きな七夕の飾りやキャラクターのハリボテなどが設置され、子供から大人まであらゆる世代が楽しめるお祭りです。

さて、そんな見所たっぷりの阿佐ヶ谷七夕祭りですが、屋台もとても人気があります。

地元の商店街から出店され、できたてのどら焼きが人気の「なみすけのどら焼き」や大鍋で焼く「パエリア」、ソーセージをくるくると巻いて焼いた「くるくるソーセージ」など、めずらしい食べ物が沢山!

色々食べたくなっちゃう屋台が沢山勢ぞろいしています。

七夕の美しい飾りを見ながら、美味しい料理が沢山食べれるので女性からも絶大な人気を得ているお祭りのひとつでもあります。

<日時>

2016年8月5日(金)~9日(火)

10時~21時

おわりに

いかがでしたか。

どれも行ってみたくなっちゃうお祭りばかりですよね。

せっかくなので、色々行ってみて夏を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク