山の日はなぜ8月11日なのか?由来と祝日になった理由とは

c7bcc41b3691361a82d64900a9172a27_s

8月11日は「山の日」ということで、2016年より初めて施行されます。

お盆前ということもあり、上手くスケジュールを組み合わせてどこかにおでかけする、もしくは田舎に帰省するという方も多いのではないでしょうか。

しかしこの「山の日」新しくできた祝日ということで、まだ馴染みがないですよね。

そもそもなぜ8月11なのか、その由来や祝日となった理由についても調べてみました。

スポンサードリンク

「山の日」が制定されたその由来は?

まずは「山の日」が作られた理由について見ていきましょう。

「山の日」は日本山岳会などを中心に全国にある5つの山岳団体が中心となり作られました。

日本には富士山を初めとし、数々の山があります。

私たちはその山々から、生きるために必要なものを受けていますよね。

山といってもそれぞれの表情がありますが、山の森林から生きるために欠かせない水が運ばれ、時に土砂災害を防いでくれたり、酸素を出したり、木材を作ったり…

人が生きるために山は欠かせない存在なのです。

これらのことを忘れないため目にも「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」として、「山の日」を制定しようとプロジェクトが進められ、2015年にようやく制定されました。

実はこのプロジェクトは2010年に発足されたそうで、実に6年もの歳月をかけて今年実現したのです。

確かに「海の日」はありますが、「山の日」はこれまでなかったので、それはそれで不思議ではありましたよね。

海と同じく山からも恩恵を受けて私たち人間が生きることができるいうことを忘れずに、山に感謝する日にしようということでもあるのです。

8月11日に制定され祝日となった理由は?

それではなぜ8月11日になったのか。

正直、8月11日とは何の因果関係もなさそうですよね。

ゴロ合わせで考えてもまったく関係ないようですし…。

調べたところ、元々は祝日がなく山開きの日である、6月の第一日曜日に制定される予定だったそうなんです

しかし、6月の第一日曜日ってそもそも日曜日なのでお休みですし、6月はゴールデンウィークが終わり、夏休みになる前にひとふんばりするという企業活動も盛んになる月でもあります。

そのため6月に制定することに対し、各方面から反対の声があがったようです。

そこで他に候補としてあがっていたのが、元々は8月12日。

しかし、8月12日といえば、日本至上最多の死者数を出した日本航空123墜落事故があった日でもあります。

悲惨な事故があった日を、のんきに「山の日」にするのはどうかという反対意見が出たため、その前の日である8月11日に制定されたというわけです。

また8月11日でれば、夏シーズンで登山やハイキング、キャンプなどで山に親しむ機会もありますし、お盆シーズンで企業活動にも影響が比較的少ないであろうというものが大きな理由であるようです。

おわりに

いかがでしたか。

2016年に「山の日」が制定されて、日本の祝日は16日になりました。

世界的に見れば日本は祝日が多いく「祝日が多い国ランキング」ベスト3にも入るほどですが、有給消化率はかなり低く休みを取る人は少ない傾向にありますよね。

今回山の日が施行されたことにより、各地で様々なイベントが開催されているようですね。

せっかくなので、山の日には仕事を忘れて山に出かけ、自然に触れリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク